v2.1
木造の鉄道駅TOPに戻る

木造の鉄道駅

地区
中国四国
都道府県
鳥取県
.
鉄道会社
若桜鉄道
鉄道線
若桜線
駅名

安部駅

ふりがな
あべ
.
番号
-
所在地
鳥取県 八頭郡八頭町
.
開業
1932年(昭和7年)2月5日
付近駅
隼 (2.7km)(2.7km) 八東
起点から
郡家起点から7.1km  
ホーム
1面1線
乗車人員
---
.
駅前の踏切から見る
駅前の踏切にある花壇から見る
+
+
登録有形文化財、映画関係のプレート
+
めいぐるみの村人
ホームの待ち合い室も木造
このぬいぐるみはトラさんのようだ。
+
枕木オーナー(寄贈者)のプレート
切符受け渡し台
木製の改札口によりかかるぬいぐるみ
駅舎と理容店とトイレ
改札口
右が待ち合い室の正面出口
天井
駅舎のぬいぐるみ
駅舎のぬいぐるみとホームの待ち合い室
ホームから駅舎を見る
これでトラさんとわかるでしょう

木造駅舎内容

新大阪から安部駅までは、JR新幹線のぞみを利用し、姫路でJR特急スーパーはくとに乗り換え、さらに郡家で若桜鉄道に乗り換え、3時間51分、片道運賃8100円の道程です。安部駅は鳥取県東部にある八頭町と若桜町を走る、若桜鉄道若桜線の駅の一つです。駅名の由来は、駅舎のある日下部地区と、八東川の対岸にある安井宿地区とで駅名の争奪戦が起きた結果、双方から1字ずつ取った事によります。当初、安部駅は国鉄若桜駅として開業しました。山間の集落にあり、1932年(昭和7年)の建築で、当時のままの木造平屋建、切妻造の鉄板葺、横板張り、線路側に庇を張り出した駅舎はまるで山小屋のような印象です。駅舎内には小さいながらも手入れの行き届いた待合室があり、木製のベンチや改札口には昭和初期時代に引き戻されます。ホームの待合室もガラス、木製窓枠、引き戸、ベンチとレトロ感いっぱいです。平成3年には映画「男はつらいよ」のロケに使用され、ホーム脇に記念植樹がされています。財政状況の厳しい若桜鉄道では、各駅で枕木オーナーの募集をしています。これは、1本5千円で枕木のオーナーになると、名前とメッセージの入ったプレートが枕木に取り付けられるというものです。、旧駅事務室部分は理髪店になっており、出札業務が同店に簡易委託され、理髪店のオーナーが駅長を兼務しています。理髪店の休業日は無人駅。また、安部駅舎とホームは駅は平成20年に登録有形文化財として指定されています。
その他情報
JR桜井線京終駅路線
.
木造駅舎Link
木造駅舎の旅 
.
..
ローカル線駅舎の旅
http://blogs.yahoo.co.jp/saitama3300031/59532373.html
文化遺産オンライン
http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=120377
デンシャと、京都と
http://camkyo.blog46.fc2.com/blog-entry-590.html
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E9%83%A8%E9%A7%85
地図

GoogleMapで見る
.
105/137 ページ先頭 前ページ 次ページ 最後