v2.1
木造の鉄道駅TOPに戻る

木造の鉄道駅

地区
九州
都道府県
長崎県
.
鉄道会社
九州旅客鉄道(JR九州 )
鉄道線
佐世保線・大村線
駅名

早岐駅

ふりがな
はいき
.
番号
-
所在地
長崎県佐世保市早岐一丁目
.
開業
1897年(明治30年)7月10日
付近駅
三河内 (4.2km)(2.7km) 大塔
起点から
肥前山口起点から39.9km  
ホーム
2面4線
乗車人員
1,314人
.

木造駅舎内容

新大阪から早岐駅までは、JR新幹線さくらを利用し、新鳥栖でJR特急みどりに乗り換え約5時間、片道運賃17840円の道程です。博多からJR特急ハウステンボスを利用し約2時間、3770円の運賃です。
1897年(明治30年)7月、九州鉄道が武雄から早岐間の開業にともない、機関庫がつくられました。かつては、長崎へゆく唯一の駅でした。佐世保線と大村線との分岐点となっている早岐駅は、複数のJR線が乗り入れる駅としては日本最西端となります。この駅で、特急「みどり」「ハウステンボス」は分割・併合を行っています。駅舎は大きくまた天井が高くなっており、明治の面影を色濃く残している洋風建築となっています。 ホームには「0番のりば」があり、地方駅のとしてはおそらく最長の長さがあります。、
大正に入ると、次々と最新鋭の蒸気機関車が導入されました。そして1972年(昭和47年)に、75年もの長かった蒸気機関車の歴史に幕を閉じました。
早岐駅は、今でも機関庫の役割を果たしており、列車が休息し、入っては出てゆきます。駅舎は、その列車の行き交う姿を毎日静かに見守っています。「早岐」は「はいき」と読み、難読駅名のひとつに数えられます。

.
木造駅舎Link
.
.
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A9%E5%B2%90%E9%A7%85
地図

GoogleMapで見る
.
121/137 ページ先頭 前ページ 次ページ 最後