v2.1
木造の鉄道駅TOPに戻る

木造の鉄道駅

地区
北海道
都道府県
北海道
.
鉄道会社
北海道旅客鉄道(JR北海道)
鉄道線
石北
駅名

下白滝駅

ふりがな
しもしらたき
.
番号
A47
所在地
北海道 遠軽町字中央下白滝
.
開業
1929年(昭和4年)8月12日
付近駅
A46 旧白滝 (4.4km)(9.2km) 丸瀬布 A48
起点から
新旭川起点から92.7km 
ホーム
2面2線
乗車人員
---
.

木造駅舎内容

札幌から下白滝駅までは、JR特急オホーツクを利用し白滝で、JR石北本線に乗り換えで、5時間22分、片道7240円の道程です。また下白滝駅は北海道の新旭川駅から網走駅までを結ぶ、石北(せきほく)本線の駅の一つです。
開業と同時に建てられた木造駅舎が、改修されながら今もなお使われています。 駅名は白滝の下流にある事に由来します。 駅から南西へ歩いて約10分のところに「白滝」がある。 上厚内駅と同様、スッと頭に入る駅名ですね。
牧草地帯の中に切妻屋根の緑色がひときわ鮮やかですが、外壁は風雪を耐えぬいた年月を物語っています。 待合室は、木製ベンチがあるだけのシンプルなものとなっています。 昭和58年に無人化され、出札窓口も手荷物預かり窓口も板でふさがれています。 この付近は明治時代に開拓が始まり、昭和30年代、20戸の家が駅前にありましたが、今は畜産農家が1戸あるだけです。
駅の向こう側には大きく裂けた岩があり、近寄る事は出来ませんが、観光名所になりそうな雰囲気を持っています。
下白滝駅に停車する列車は1日4本。 多くの列車がこの駅を通過していきますが、ふるさとの駅への想いが綴られた駅ノートが、温もりを伝えてくれています。

その他情報
銭箱駅鉄道地図
.
木造駅舎Link
..
ウィキペディア
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E7%99%BD%E6%BB%9D%E9%A7%85
その他Link
http://www.jrasahi.co.jp/contents/facilities/station/a47_shimo-shirataki.html
地図

GoogleMapで見る
.
14/137 ページ先頭 前ページ 次ページ 最後