v2.1
木造の鉄道駅TOPに戻る

木造の鉄道駅

地区
北海道
都道府県
北海道
.
鉄道会社
北海道旅客鉄道(JR北海道)
鉄道線
函館本線
駅名

渡島沼尻駅

ふりがな
おしまぬまじり
.
番号
N67
所在地
北海道茅部郡森町砂原東4丁目
.
開業
1945年(昭和20年)6月1日
付近駅
N68 鹿部 (5.4km)(5.3km) 渡島砂原 N66
起点から
大沼起点から20.0km
ホーム
2面2線
乗車人員
---
.
渡島沼尻駅

木造駅舎内容

札幌から渡島沼尻駅まではJR特急スーパー北斗を利用し森でJR函館本線に乗り換えで、4時間37分、片道運賃7870円の道程です。また渡島沼尻駅は、函館本線砂原(さわら)支線にある駅の一つです。無人駅で、終戦間近の1945年(昭和20年)6月に信号所として、また係員のための詰所として建てられたのだろう。 元来信号場としての性格が強いため、また周囲に人家もほとんど無いので乗降客は一日10人未満と少ないです。 戦時中の輸送力を強化するため、大沼駅から森駅まで、駒ヶ岳回りの本線の急勾配を避け、海沿いに迂回して敷設されました。
もともと単線区間で、列車がすれ違うために置かれた信号場でした。 仮乗降場として旅客も扱っていましたが、1987年4月1日、国鉄分割民営化時に駅に昇格しました。
駅舎は、古めかしい小さな木造駅舎が残っていおり、二重の出入口、二重窓が伸び出ている煙突など、雪国の建物らしい造形となっています。しかし、建物が傾いていて2本のつっかえ棒で支えている。
信号場として開業した時のものが何度も改修されながら使われ、切り妻屋根に横下見板りの外壁の木造平屋は、建てられた時の半分ほどの大きさになっています。
待合室は2畳ほど、線路側の入り口上にある錆びついた「安全第一」の看板などが、信号所の作業員の詰め所であった当時を感じさせてくれます。駅から北海道駒ヶ岳へは南西に7キロほど、内浦湾へは1キロと少しで、それほど遠くはありません。
渡島沼尻駅
.
木造駅舎Link
.
..
ウィキペディア
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E5%B3%B6%E6%B2%BC%E5%B0%BB%E9%A7%85
地図

GoogleMapで見る
.
18/137 ページ先頭 前ページ 次ページ 最後