.
木造の鉄道駅TOPに戻る

木造の鉄道駅

地区
東北
都道府県
岩手県
.
鉄道会社
IGRいわて銀河鉄道
鉄道線
いわて銀河鉄道線
駅名

奥中山高原駅

ふりがな
おくなかやまこうげん
.
番号
-
所在地
岩手県二戸郡一戸町
.
開業
1891年(明治24年)9月1日
付近駅
御堂 (7.1km)(7.8km) 小繋
起点から
盛岡起点から44.4km
ホーム
2面3線
乗車人員
412人
.
奥中山高原駅

写真提供は矢部三雄氏(下記参照)

木造駅舎内容

盛岡から奥中山高原駅まではIGR(Iwate Galaxy Railway Company)いわて銀河鉄道を利用して、約1時間13分、片道運賃1170円の道程です。平成14年の東北新幹線開業で、並行在来線としてJRと経営が分離され、第三セクターIGRいわて銀河鉄道の運営になりました。岩手県の北に位置し、スキー場と温泉が近くにあります。 昭和15年に建てられた、切り妻屋根に横板張りの外壁の小さな木造駅舎です。
蒸気機関車時代は十三本木峠の峠越えに三重連が組まれ、多くの鉄道ファン、写真家に人気がありました。
ヨークシャー・テリアのオス犬、マロンは同駅の委託駅員に飼われていて、生後45日頃から飼い主と一緒に駅に出勤していたので、平成20年6月24日に名誉駅長に就任し、平成21年の夏まで名誉駅長として親しまれていました。 マロンには特製の制服も支給されていました。 平成20年11月6日に写真集『駅長マロン』が全国発売されています(講談社刊、税込1,050円)。 現在、待合室には蒸気機関車とマロンの思い出の写真が飾られています。 2009年春頃から体調を崩し同年8月29日、気管支炎のため、飼い主や近所の住人に看取られて9歳で死去しました。 マロンをテーマにしたお菓子も結カフェから製造、販売されています。 1匹の犬を通して、1つの駅から地域の輪が広がり、人々のふれあいが温かいこの駅には、とても美しいものを感じます。
その他情報
+奥中山高原駅
.
木造駅舎Link
.
..
ウィキペディア
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E9%AB%98%E5%8E%9F%E9%A7%85
その他Link
http://www.igr.jp/

提供者情報
矢部三雄氏(アジア航測株式会社 執行役員、石巻専修大学人間学部 客員教授、元林野庁、経済企画庁)
矢部氏のフェイスブック    著作:森の力 (講談社) 恵みの森 癒しの木 (講談社)、 近代化遺産 国有林森林鉄道全データ《中部編》 近代化遺産 国有林森林鉄道全データ(東北編) 近代化遺産 国有林森林鉄道全データ 九州・沖縄編

地図

GoogleMapで見る
.
21/137 ページ先頭 前ページ 次ページ 最後