v2.1
木造の鉄道駅TOPに戻る

木造の鉄道駅

地区
中部北陸
都道府県
岐阜県
.
鉄道会社
東海旅客鉄道
鉄道線
高山本線
駅名

飛騨小坂駅

ふりがな
ひだおさか
.
番号
-
所在地
岐阜県下呂市小坂町大島
.
開業
1933年(昭和8年)8月25日
付近駅
飛騨宮田 (3.4km)(7.1km) 渚
起点から
岐阜起点から108.8km
ホーム
1面2線
乗車人員
110人
.
飛騨小坂駅 飛騨小坂駅 飛騨小坂駅
これらの写真は國方時裕さんのご好意で掲載いています。
國方さんのフェイスブックはhttps://www.facebook.com/tokihiro.kunikataです

木造駅舎内容

飛騨小坂駅までは名古屋から一部の特急で直接乗り入れることができます。名古屋駅からJR特急ひだを利用し、約2時間半、片道運賃4810円の道程で、岐阜駅から富山駅に至る高山本線の駅の一つです。小坂温泉郷(濁河温泉、下島温泉、湯屋温泉)と御嶽山登山口の玄関駅で山々に囲まれた自然豊かな場所です。駅舎は、昭和9年の開業当初からの切妻屋根の平屋建て杉丸太造りの山小屋風が今も変わらないまま残っています。駅前には濃飛バスのバス停があります。かつては駅の南にある貯木場を起点として御嶽山方面へ向かう森林鉄道(小坂森林鉄道)が存在しました。貯木場までは専用線が敷設されており、そこで木材の積み替えが行われていました。森林鉄道廃止後も1977年の貨物取扱廃止まで、トラックで木材を貯木場へ運搬し、貨車へ積み替えていた。この地域は古くから林業で栄えました。車寄せの柱は高山市の宮大工が腕を振るったと伝えられています。また、正面の屋根の中央には神社建築に見られる「千木(ちぎ)」が設けられており、霊峰・御嶽山(おんたけさん)への玄関口を表していると言われていますこの駅舎が評価され、中部の駅百選に選出されました。駅舎とホームとは開業当初より地下道で結ばれている。
.
木造駅舎Link
.
.
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E9%A8%A8%E5%B0%8F%E5%9D%82%E9%A7%85
地図

GoogleMapで見る
.
65/137 ページ先頭 前ページ 次ページ 最後