v2.1
木造の鉄道駅TOPに戻る

木造の鉄道駅

地区
中部北陸
都道府県
石川県
.
鉄道会社
のと鉄道
鉄道線
七尾線
駅名

能登鹿島駅

ふりがな
のとかしま
.
番号
-
所在地
石川県鳳珠郡穴水町曽福
.
開業
1932年(昭和7年)8月27日
付近駅
西岸 (4.3km)(6.3km) 穴水
起点から
七尾起点から26.8km 
ホーム
2面2線
乗車人員
---
.
能登鹿島駅
駅前駐車場から
能登鹿島駅
駅正面
能登鹿島駅
桜の季節の様子がわかる
能登鹿島駅
駅とホームの間には桜巨樹がある
能登鹿島駅
風見鶏
能登鹿島駅
大きな庇が特徴
能登鹿島駅
山の中の鉄道
能登鹿島駅
トイレは綺麗で清潔
能登鹿島駅
左にトイレがあるが閉鎖中
能登鹿島駅
右がホーム
能登鹿島駅
ホームには木製ベンチが設置
能登鹿島駅
小さな待合室はおとぎの国のよう
能登鹿島駅
駅正面 能登さくら駅の看板
能登鹿島駅
ホームから見た駅舎
能登鹿島駅
ベンチは丸太木製ベンチ
能登鹿島駅
ピンクの色と窓枠がかわいい
能登鹿島駅
腕木も大正風デザイン
.

木造駅舎内容

能登鹿島駅へは名古屋からですと、名古屋駅からJR新幹線ひかりを利用し米原で乗り換え、JR特急しらさぎを利用、七尾で乗り換えのと鉄道七尾線を利用し約5時間、片道運賃9640円の道程です。また大阪駅からはJR特急サンダーバードを利用し七尾で乗り換え、のと鉄道七尾線を利用し5時間14分、片道運賃9390円の道程です。能登鹿島駅は、地元では「能登さくら駅」の愛称で呼ばれている無人駅です。上りホーム側に駅舎があり、下りホームへは穴水寄りの構内踏切で連絡しています。桜が咲く頃、この小さな駅が一時の賑わいを見せてくれます。かつて、旧国鉄七尾線の開通を祝う地元住民の手によって、この駅のホームには約70本のソメイヨシノが植えられ、以後も「能登鹿島駅さくら保存会」によって管理さています。大正ロマン風の駅舎で屋根には風見鶏があります。また、「第1 回中部の駅百選」にも選ばれています。ソメイヨシノは既に70年を経ていて、新旧交代の必要もあり、駅周辺では新たな植樹が始まっています。駅前は国道249号があり、すぐに七尾湾です。
その他情報
.
木造駅舎Link
のと鉄道ホームページ ‐ 七尾線・能登鹿島駅
http://www.incl.ne.jp/ntr/html/ensen/notokashima.htm
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%BD%E7%99%BB%E9%B9%BF%E5%B3%B6%E9%A7%85
..
..
地図

GoogleMapで見る
.
67/137 ページ先頭 前ページ 次ページ 最後