v2.1
木造の鉄道駅TOPに戻る

木造の鉄道駅

地区
近畿
都道府県
大阪府
.
鉄道会社
南海電気鉄道
鉄道線
南海本線
駅名

浜寺公園駅

ふりがな
はまでらこうえん
.
番号
-
所在地
大阪府堺市浜寺公園町2丁
.
開業
1897年(明治30年)10月1日
付近駅
諏訪ノ森 (1.0km)(0.7km) 羽衣
起点から
難波起点から14.8km
ホーム
2面4線
乗車人員
4,716人
.
諏訪ノ森駅
駅前広場から見た駅舎
諏訪ノ森駅
鹿鳴館風の柱
諏訪ノ森駅
ギャラリーとして利用されている
.
諏訪ノ森駅
ペンキを塗った縦格子も趣がある
諏訪ノ森駅
こじんまりした待合室
諏訪ノ森駅
木造のホーム屋根
.
諏訪ノ森駅
難波行きホーム
諏訪ノ森駅
この駅の解説が張り出されている
諏訪ノ森駅
切符の受け渡し口
.
諏訪ノ森駅
木製の棚
諏訪ノ森駅
エントランス
諏訪ノ森駅
臨時の改札口エントランス
.
諏訪ノ森駅
木製の改質口
諏訪ノ森駅
ラチスで仕切られた地下道
.
諏訪ノ森駅
昔の切符売り場
諏訪ノ森駅
正面
.
内容

浜寺公園駅は大阪難波から南海電気鉄道南海本線で約30分、片道運賃320円の道程です。明治40年、海水浴場への玄関口として建設されました。そのため、大量の乗客をさばく臨時の木製改札口が今も残っています。東京駅を設計した辰野金吾と、建築家、片岡安により設計された駅舎で私鉄最古のものとなっています。南海電気鉄道は現存する日本の私鉄で最も古い会社です。木造平屋建ての鉄板ぶきで、柱の骨組みを壁に埋めず、装飾模様として活かすハーフティンバー様式(木骨真壁造り)になっています。正面の屋根窓や鹿鳴館風の柱が雰囲気を出していますが、残念ながらペンキがはげ落ちてきているところが多くありました。退避設備を備えた2面4線のホームを持ち(難波方面行ホーム側に駅舎があります。4番線は難波側の切り欠き部にあり、元々はこの駅で折り返す列車が使用していましたが、現在は待避線となっています。4番ホームの反対側には5番線があった形跡が残されています。和歌山市方面ホームは島式ホームで木製ラチスで仕切られた地下道によって連絡しています。また、駅舎の反対側(線路の東側)にも改札口があり、1・2番ホームと構内踏切によって繋がっています。駅舎内の旧待合室は「浜寺ステーションギャラリー」として地元の人に新たに活用され、多くの人々に親しまれています。この駅舎は平成10年に国の登録有形文化財として指定され、第1回近畿の駅百選にも選定されています。大阪府が予定している連続立体交差事業による鉄道の高架化で駅舎が解体される心配をしています。

.
木造駅舎Link
.
..
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E5%AF%BA%E5%85%AC%E5%9C%92%E9%A7%85
その他Link
http://www.nankai.co.jp/traffic/station/hamaderakoen/index.html
地図

GoogleMapで見る
.
93/137 ページ先頭 前ページ 次ページ 最後
<