.
木造の鉄道駅TOPに戻る

木造の鉄道駅

地区
北海道
都道府県
北海道
.
鉄道会社
北海道旅客鉄道(JR北海道)
鉄道線
石北本線
駅名

遠軽駅

ふりがな
えんがる
.
番号
A50
所在地
北海道紋別郡遠軽町岩見通り南1丁目
.
開業
1915年(大正4年)11月1日
付近駅
 ←A49 瀬戸瀬 (11.1km)(8.0km) 安国 A51
起点から
新旭川起点から120.8km
ホーム
2面4線
乗車人員
274人
.
遠軽駅

木造駅舎内容

札幌から遠軽駅までは、JR特急オホーツクを利用し、4時間16分、片道7550円の道程です。遠軽という駅名の由来は、アイヌ語で「インガルシペ」(見張りをするところ)が転訛したもので、駅の周辺に瞰望岩と呼ばれる一枚岩があるところからきています。
北海道内でただ一つのスイッチバックの駅となっています。 大正4年に開業し、かつては、名寄(なよろ)本線と石北(せきほく)線の接続する交通の要衝でした。 名寄本線が廃止され、この駅に残った線形は「Y」字のため通過する列車はここでスイッチバックし、進行方向を変えて次の駅へと向かいます。
昭和7年に建てられた駅舎は、遠軽の街を見下ろす高台にあります。 緑色の切り妻屋根が印象的な木造2階建ての大きな建物で、ホームの上屋、そして跨(こ)線橋も階段や通路の床は、今もなお木材をデッキ状に利用しています。
遠軽の駅弁は「かにめし」。 特急列車が停車している時には、今では姿を消しつつあるホームでの駅弁の立ち売りを見る事ができます。 特 急「オホーツク」の停車駅。 広い構内には、使われなくなった転車台が残っています。
その他情報
銭箱駅鉄道地図
.
木造駅舎Link
.
..
ウィキペディア
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E8%BB%BD%E9%A7%85
その他Link
http://www.jrasahi.co.jp/contents/facilities/station/a50_engaru.html
地図

GoogleMapで見る
.
15/137 ページ先頭 前ページ 次ページ 最後